連載

「最長」のおわり

7年8カ月にわたり日本のかじ取り役を担った安倍晋三首相が辞任を表明した。安倍政権は何を残したのか。

連載一覧

「最長」のおわり

支持率「貯金」で議論押し切る 安倍政権、下落と回復繰り返した7年8カ月

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
閣議に臨む安倍晋三首相(中央)。左は菅義偉官房長官=首相官邸で2020年9月15日午前10時3分、竹内幹撮影
閣議に臨む安倍晋三首相(中央)。左は菅義偉官房長官=首相官邸で2020年9月15日午前10時3分、竹内幹撮影

 7年8カ月にわたった安倍政権が16日に幕を閉じる。安倍晋三首相の在任日数は連続2822日、通算では3188日で途切れる。いずれも佐藤栄作内閣、桂太郎内閣の記録を更新する最長記録となった。それを実現させたのは、経済最優先を掲げて支持率を確保し、高支持率という「政治的資産」を駆使して国論の分かれる政策の実現を図った首相の政権運営の技術だ。

落ち込むたびに選挙、6連勝

 「全ては国政選挙のたびに力強い信任を与えてくださり、背中を押していただいた国民の皆様のおかげです。本当にありがとうございました」。首相は辞任を表明した8月28日の記者会見で、2012年衆院選での政権獲得も含めた6回の国政選挙での「6連勝」を誇った。

 06年発足の第1次政権は発足当初67%あった支持率が1年でほぼ半減し、07年参院選の惨敗を経て退陣した。一方、12年12月発足の第2次政権は何度か下降局面を迎えながら、おおむね40%台を維持。アベノミクスを通じた景気回復への期待を背景に、13年3月には70%と第2次政権で最高を記録した。そのまま13年夏の参院選で勝利し、衆参で多数派が異なる「ねじれ」を解消。首相は特定秘密保護法、集団的自衛権の限定行使を容認する閣議決定などに取り組み、14年11月には「消費増税延期」を掲げて衆院解散に打って出て大勝し、基盤を固めた。

 翌15年9月には安全保障関連法を成立させた。その直前の15年8月に支持率は32%に落ち込んだが、この年に国政選挙はなかった。首相はその後は支持率の「蓄積」に努め、16年1月に51%に回復。この年夏の参院選にも勝利した。

 この後、長期政権の「…

この記事は有料記事です。

残り1253文字(全文1942文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集