メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新味なき」バランス人事か 「党主導」看板に中枢握る官邸運営 菅新体制を読み解く

自民党の臨時総務会で記念写真に納まる(左から)山口泰明選対委員長、佐藤勉総務会長、菅義偉総裁、二階俊博幹事長、下村博文政調会長=東京都千代田区の同党本部で2020年9月15日午後1時43分、竹内幹撮影

 自民党の菅義偉新総裁(71)は15日の党役員人事で、総裁選で自身を中枢で支えた二階俊博幹事長(81)と森山裕国対委員長(75)を再任させ、政権の「骨格」に位置づけた。総務会長、選対委員長も初当選同期の「盟友」を据え、党運営での主導権確保を目指した。一方で閣僚人事では麻生太郎副総理兼財務相(79)の再任を調整するなど各派閥のバランスを考慮した布陣を目指す。「政高党低」とやゆされた安倍政権から様変わりし始めている。

 「論功行賞なんて露ほども思っていない。我々は菅さんを一生懸命支持したが、仕事をもらうとか役割をいただくとかは全く期待していないし、事実そんなことは全くない」。二階氏は記者からの「論功行賞人事」との見方を一蹴した。

 党役員人事では二階派の二階氏、石原派の森山氏を再任させ、総務会長=麻生派の佐藤勉氏(68)▽政調会長=細田派の下村博文氏(66)▽選対委員長=竹下派の山口泰明氏(71)――を起用した。総裁選で菅氏を支援した5派閥からバランス良く登用したことで一見「論功行賞」の色合いもにじむが、布陣を見ると、菅氏の政権運営の狙いが透けて見えてくる。

 二階、森山両氏は菅氏と同じ地方議員から国政に出た「たたき上げ」でもともと菅氏との信頼関係は深い。菅氏が総裁選出馬の意向を固めた際には両氏に最初に伝え、結束を強めた。一方、…

この記事は有料記事です。

残り1718文字(全文2286文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 西武、異例の8人リレーで最少失点 二回にリリーフの中塚「正直びっくり」

  3. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  4. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  5. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです