三井住友FG、医療アプリのベンチャーを子会社化 「情報銀行」事業に本腰

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見する三井住友FGの谷崎勝教専務(右)とプラスメディの永田幹広社長=東京都千代田区で15日午後3時7分、山口敦雄撮影
記者会見する三井住友FGの谷崎勝教専務(右)とプラスメディの永田幹広社長=東京都千代田区で15日午後3時7分、山口敦雄撮影

 三井住友フィナンシャルグループ(FG)は15日、個人の医療データを管理するアプリを運営するベンチャー企業「プラスメディ」(東京都新宿区)を連結子会社化したと発表した。非金融事業のベンチャー企業を傘下に収めるのは同社では初めて。

 子会社化したプラスメディは2016年設立のベンチャー企業。個人の病院での検査履歴や薬剤処方履歴など医療データを管理…

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文431文字)

あわせて読みたい

注目の特集