メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米、ウイグル自治区の製品一部輸入禁止 少数民族に強制労働の疑いで

 米税関・国境警備局は14日、中国新疆ウイグル自治区で暮らすイスラム教徒の少数民族ウイグル族らが中国当局の関与で強制労働させられているとして、毛髪や綿花の加工製品などの一部中国製品の輸入を停止する命令を出した。

 対象となるのはウイグル自治区の綿花生産・加工会社1社と衣料品会社2社の製品や、同自治区ロ…

この記事は有料記事です。

残り189文字(全文339文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  2. まるでエヴァ? 「緊急事態宣言、発出中」福岡県製作の動画が話題

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです