メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

温暖化に懐疑的なトランプ氏は「気候放火犯」 “最悪”山火事、バイデン氏が批判

山火事の消火活動にあたる消防士=米カリフォルニア州で2020年9月10日、AP

 11月の米大統領選で再選を目指す共和党のドナルド・トランプ大統領(74)は14日、過去最悪規模の山火事に見舞われている西部カリフォルニア州を訪問し、火災予防のための枯れ枝除去など森林管理の重要性を訴えた。一方、異例の暑さや乾燥といった気候変動が山火事の一因との見方を示す民主党候補のジョー・バイデン前副大統領(77)は同日の演説で、地球温暖化に懐疑的なトランプ氏を「放火犯」と攻撃。気候変動問題の争点化を狙う構えだ。

「じきに涼しくなる。科学では分からない」

 カリフォルニア、オレゴン、ワシントンの西部3州は今夏、山火事が頻発。これまでに東京都の7倍超の面積が焼失し、西海岸一帯で視界の悪い状態が続く。トランプ氏は14日、カリフォルニア州サクラメント近郊で同州のニューサム知事(民主党)や消防当局者と面会。被害状況などについて説明を受けた。

 トランプ氏は消火活動に謝意を述べ、連邦政府として被災者支援に力を入れる考えを表明した。一方で、火災原因が異常…

この記事は有料記事です。

残り751文字(全文1176文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元SMAP森且行選手、落車し緊急搬送 骨盤骨折で入院、全治不明

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. 「ナボナ」の亀屋万年堂 シャトレーゼが買収 和菓子拡充

  4. #自助といわれても 町から届いた冷酷な順序 ALS患者でさえ家族介護を求める行政の“誤解”

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです