特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

成田空港ターミナルビル12店閉店 行列の人気店も 入居継続へ賃料減免

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
石こうボードで仮囲いがされている「ゴンチャ」の跡地。営業中は大勢の人が手前のソファに座り、タピオカドリンクを飲んでいた=成田空港で、中村宰和撮影
石こうボードで仮囲いがされている「ゴンチャ」の跡地。営業中は大勢の人が手前のソファに座り、タピオカドリンクを飲んでいた=成田空港で、中村宰和撮影

 成田空港(千葉県成田市)の旅客ターミナルビルに入居する12店舗が新型コロナウイルスの影響による利用客の激減を受けて閉店した。空港内にある460店のうち264店が休業し、飲食・物販・免税約300店の8月1~22日の売り上げは前年同期比95%減となった。国際線の7月の旅客は同97%減と厳しい状況が続き、ほかにも閉店を検討している店舗がある。成田国際空港会社は店舗の入居継続のため、最低保証賃料の1年分の減免など総額66億円を支援する措置を取っている。【中村宰和】

 第1旅客ターミナルの人気店の台湾ティーカフェ「ゴンチャ」が8月31日、閉店した。2019年5月にオープンし、国内のほかの店舗と同様、ミルクティーにタピオカをトッピングしたドリンクが一番人気だった。話題の店舗とあって、国内外の旅行客のほか、客室乗務員や航空会社職員、空港周辺に住む高校生らが長い行列を作った。

この記事は有料記事です。

残り942文字(全文1327文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集