特集

大空へ再び~コウノトリ・トキ・アホウドリ~

毎日新聞デジタルの「大空へ再び~コウノトリ・トキ・アホウドリ~」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

コウノトリ200羽時代 人工飼育による放鳥15年 餌確保や事故死…課題多く

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
京都府京丹後市久美浜町市場で巣立ち、野外コウノトリ200羽目になった幼鳥=2020年6月25日、野村重嘉さん撮影(同市教委提供)
京都府京丹後市久美浜町市場で巣立ち、野外コウノトリ200羽目になった幼鳥=2020年6月25日、野村重嘉さん撮影(同市教委提供)

 兵庫県立コウノトリの郷(さと)公園(兵庫県豊岡市祥雲寺)は、2020年5~8月に全国で56羽が巣立ったと発表した。6月25日に京都府京丹後市で野外コウノトリが200羽の大台に乗った後も全国で30羽が巣立った。このペースで増えれば、2年後に300羽を超えるが、餌確保の困難さや事故で死ぬなどの問題も山積している。“コウノトリ200羽時代”の課題をまとめた。【村瀬達男】

この記事は有料記事です。

残り1247文字(全文1431文字)

あわせて読みたい

注目の特集