メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コウノトリ200羽時代 人工飼育による放鳥15年 餌確保や事故死…課題多く

京都府京丹後市久美浜町市場で巣立ち、野外コウノトリ200羽目になった幼鳥=2020年6月25日、野村重嘉さん撮影(同市教委提供)

 兵庫県立コウノトリの郷(さと)公園(兵庫県豊岡市祥雲寺)は、2020年5~8月に全国で56羽が巣立ったと発表した。6月25日に京都府京丹後市で野外コウノトリが200羽の大台に乗った後も全国で30羽が巣立った。このペースで増えれば、2年後に300羽を超えるが、餌確保の困難さや事故で死ぬなどの問題も山積している。“コウノトリ200羽時代”の課題をまとめた。【村瀬達男】

 国内の野生コウノトリは1971年に絶滅したが、2005年9月に豊岡市で人工飼育による放鳥を始め、12年後の17年6月、野外コウノトリは100羽に到達。それから3年で2倍以上の225羽(9月11日現在)に増え、300羽まで残り75羽に。22年には300羽を超える計算だ。

 今年は7府県で繁殖し、ひな56羽の内訳は兵庫31、京都9、福井4、島根4、徳島3、鳥取3、栃木2羽。特に栃木県小山市で、千葉県で放鳥した雄と徳島県から飛来した雌が東日本で初めて繁殖に成功し、繁殖地が一気に東へ300キロ広がった。県内でも豊岡市(ひな27羽)と養父市(同2羽)に加え、今年初めて朝来市で2羽の巣立ちが確認された。

この記事は有料記事です。

残り948文字(全文1431文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. 任命拒否、04年「想定外」 学術会議人事、政府文書に明記

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです