メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金星の大気に生命の可能性 京産大などのチームが英科学誌に発表

JAXAの探査機あかつきが撮影した金星=JAXAなど提供、AP共同

[PR]

 金星の大気中に、生命が起源の可能性がある特徴的な成分を検出したと、京都産業大や米国、英国などのチームが英科学誌ネイチャーアストロノミーに14日、発表した。

 ホスフィンという成分で、地球では酸素がなくても生きられる沼や湿地の微生物などによって作られる。チームは金星に生命が存在する確実な証拠ではないものの、考えられる他の化学反応では説明がつかず、未知の反応か、生命による可能性があるとしている。

 ハワイ島にある望遠鏡と、チリのアルマ望遠鏡で観測した。上空60キロ前後の厚い硫酸の雲の中に、水素とリンからなるホスフィンに特徴的な信号を検出した。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 西武、異例の8人リレーで最少失点 二回にリリーフの中塚「正直びっくり」

  4. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  5. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです