メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍政権は「経済最優先、暮らしは限界までボロボロに」 藤原辰史・京大准教授

藤原辰史・京都大准教授=京都市左京区の京都大で2020年9月11日午前11時21分、福富智撮影

 安倍晋三内閣が16日、総辞職する。第2次政権発足から約7年8カ月にわたる歴代最長政権は、政治や社会の在り方をどう変えたのか。安倍政権が進めた安保法制整備に「自由と平和のための京大有志の会」の一員として反対の声も上げてきた、歴史学者の藤原辰史・京都大准教授(43)=農業史・環境史=に聞いた。【聞き手・福富智】

 ――安倍政権とは、どのような政権だったのでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り1372文字(全文1554文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  4. 学術会議 任命拒否の6人が初めて共に訴えた菅首相への「胸の内」

  5. 新型コロナの感染 「北半球で重大な岐路に」 WHO事務局長が懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです