メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2、さらに11年の旅 小惑星「1998KY26」へ 12月の帰還後

はやぶさ2が新たに目指す小惑星「1998KY26」

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は15日、探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウの試料入りカプセルを12月に地球に届けた後、さらに別の小型小惑星「1998KY26」に探査へ向かうことを決めたと発表した。到着は2031年7月の予定で、目的の小惑星まで新たに100億キロの旅路に出る。

 「1998KY26」は直径約30メートルで、直径約900メートルのリュウグウよりもかなり小さく、地球と火星の間を公転している。JAXAは新たな任務で小型小惑星の地球衝突による被害の軽減や、太陽系のより遠方への探査に必要な知見の獲得を目指す。

 はやぶさ2は12月5日にカプセルをオーストラリアに向けて投下する予定。その後、太陽の周りを約11周して目的地に向かう。リュウグウと地球の往復は約50億キロで、新たな目的地までの往路でさらに2倍の距離を航行する。その途中でさらに別の小惑星の近接撮影や、太陽系の外側にある「太陽系外惑星」の観測にも挑む。また、地球に2回接近して軌道を変更する。

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文691文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 特集ワイド 首相、答えよ 田中真紀子元文科相×村上誠一郎元行革相 すり替え、安倍さんを踏襲/異論封じ込め「恐怖政治」に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです