UFO対処は無人機想定 河野防衛相「地に足がついた情報収集」 日米でも協議

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
河野太郎防衛相=防衛省で2020年6月9日、田辺佑介撮影
河野太郎防衛相=防衛省で2020年6月9日、田辺佑介撮影

 河野太郎防衛相は15日の記者会見で、自衛隊が未確認飛行物体(UFO)などを発見した際の対処方針について「宇宙から来た未確認飛行物体を探そうというのではなく、もう少し地に足がついた情報収集と考えていただいてよろしい」と述べ、無人機などへの対処を想定していることを明らかにした。

 無人機を巡っては2019年9月にサウジアラビアの石油施設が攻撃を受けた事例があ…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文445文字)

あわせて読みたい

注目の特集