連載

#やまゆり園事件は終わったか~福祉を問う

植松聖死刑囚の死刑判決が確定した相模原障害者殺傷事件。日本の障害福祉政策の問題点と、解決の道筋を探ります。

連載一覧

#やまゆり園事件は終わったか~福祉を問う

⑥「入所施設だからこそ起きた」 地域社会から切り離された「福祉」のもろさ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
事件から1カ月を迎えた「津久井やまゆり園」=相模原市緑区で2016年8月26日午前9時36分、本社ヘリから
事件から1カ月を迎えた「津久井やまゆり園」=相模原市緑区で2016年8月26日午前9時36分、本社ヘリから

 「事件は入所施設だからこそ起きてしまった」。入所者19人の命が奪われた相模原殺傷事件でこう指摘する専門家がいる。1960年代にできた津久井やまゆり園は日本の福祉政策の縮図ともいえる。その歴史をひもとくと、指摘の意味が浮かび上がってきた。【上東麻子、塩田彩/統合デジタル取材センター】

64年開設――「おすがり」「保護して」

 津久井やまゆり園ができたのは、東京オリンピックのあった64年。定員は100人で、4年後に200人に倍増した。地元住民も職員として多く採用されている。

 66年の記念誌「やまゆりのあゆみ」(神奈川県県政情報センター所蔵)には設置を評価し、将来に期待する文章が踊る。

 <わが国で始めての試みである、重度重症精神薄弱者の収容施設>

 <モデルケースとして世の多くの人々の注目を集めております>

 <この不幸な人たちに愛の手をさしのべることの重要性を認めて>

 一方、父母の寄稿には、当時の障…

この記事は有料記事です。

残り3150文字(全文3550文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集