メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジョコビッチ、全米テニス失格は「教訓」 線審に球直撃

 全米オープンテニスで線審に球をぶつける危険行為で失格となったノバク・ジョコビッチ=6日、ニューヨーク(AP=共同)

[PR]

 テニスの男子シングルスで世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)は14日、イタリア国際に出場するローマで記者会見し、線審に球をぶつける危険行為で失格となった全米オープンを「一生忘れられない。大きな教訓だ」としつつ「同様の行為を絶対に繰り返さないと約束はできない」と述べた。

 全米オープン4回戦でコートの後ろに打ったボールが線審を直撃。4大大会の規則に違反する危険行為として失格となり、賞金没収と罰金の処分も受けた。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 新閣僚「人となり報道」は本当に必要か? 香港からの問いかけ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 東京で新たに220人の感染確認 200人超えは6日ぶり 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです