特集

都市対抗野球2次予選2021

第92回都市対抗野球大会の2次予選に関する特集サイトです。

特集一覧

コロナに克つ~都市対抗野球へ

ひょうひょう山田監督、プロ経て「台風の目」 カナフレックス(滋賀県東近江市)

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
都市対抗野球大会近畿地区2次予選でパナソニックに敗れた後、観客席に向けあいさつをしたマスク姿のカナフレックス・山田勉監督(左)と、北川倫太郎主将=京都市のわかさスタジアム京都で2020年9月14日、山口敬人撮影
都市対抗野球大会近畿地区2次予選でパナソニックに敗れた後、観客席に向けあいさつをしたマスク姿のカナフレックス・山田勉監督(左)と、北川倫太郎主将=京都市のわかさスタジアム京都で2020年9月14日、山口敬人撮影

 9月1日から京都市のわかさスタジアム京都で行われている都市対抗野球大会(日本野球連盟、毎日新聞社主催)の近畿地区2次予選で、カナフレックス(滋賀県東近江市)の山田勉監督がいい味を出している。還暦を超えての、約40年ぶりの社会人球界への復帰。新型コロナウイルス対策で「マスクは絶対。普段は練習以外ほとんど外に出ない」という61歳の指揮官が若いチームを率い、本大会出場を懸けた2次予選で台風の目となっている。

この記事は有料記事です。

残り1158文字(全文1361文字)

次に読みたい

あわせて読みたい