メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人種差別問題にNFLが重い腰上げる 開幕週、膝つきや国歌斉唱辞退相次ぐ

 米プロフットボールNFLは14日、第1週の全カードを終えた。新型コロナウイルス禍の中で迎えた開幕週は、膝つきや国歌斉唱の辞退など人種差別撤廃に向けた動きが目立った。

 NFLでは黒人選手が多くプレーする一方、オーナーや監督はほとんど白人が占める。これまで人種差別問題への取り組みには消極的だったが、5月にミネアポリス近郊で起きた白人警官による黒人男性暴行死事件をきっかけに、グッデル・コミッショナーが「リーグとしてやるべき…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 最速154キロでも公式戦出られず 異例の「準硬式」投手にスカウト注目

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです