メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

玉ノ井部屋で新たに力士5人感染 症状なし、今後入院 計24人に

力士の集団感染が判明した大相撲の玉ノ井部屋=東京都足立区西新井で2020年9月10日

[PR]

 日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は15日、新型コロナウイルスの集団感染が発生した玉ノ井部屋で、新たに力士5人の感染が確認されたと発表した。一度陰性と判定された力士がPCR検査を受け、陽性だったという。同部屋では場所前に十両・富士東を含む力士19人が感染しており、所属する28人のうち、感染者は計24人となった。

 芝田山部長によると5人は発熱などの症状はないが、今後入院するという。「日を置いて発症することもある」として、一度陰性だった力士らも改めて検査を実施。師匠の玉ノ井親方(元大関・栃東)と十両・東龍は陰性だった。

 玉ノ井部屋では5日に幕下以下の力士1人の感染が判明し、10日には新たに18人の感染が発表された。秋場所は所属力士全員が休場している。【村社拓信】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 西武、異例の8人リレーで最少失点 二回にリリーフの中塚「正直びっくり」

  3. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  4. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  5. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです