メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『昆虫のとんでもない世界』『ルポ車上生活 駐車場の片隅で』ほか

◆『昆虫のとんでもない世界』丸山宗利・著(平凡社/税別2400円)

 NHK Eテレで不定期放送される「香川照之の昆虫すごいぜ!」を楽しみに見ている。俳優・香川照之の並外れた昆虫マニアぶりが、暑苦しくも楽しい。昆虫たちの不思議な世界に釘(くぎ)付けになる。

 丸山宗利監修『昆虫のとんでもない世界』は「別冊太陽」シリーズの1冊。大きく精妙なカラー写真で昆虫たちの姿を映し出しつつ、彼らの生態を探り紹介する。エゾゼミの貴重な羽化が撮影されているが、緑の体が美しい。宝石と呼びたくなる華麗な蝶(ちょう)もいる。

 「甲虫は生物界最大の分類群であり、世界から40万種が知られている」っていきなり知らなかったよ。生息に適した形に進化し続けたのだろうが、まことに見事なフォルムで、これらに比べれば人間なんて単調で不細工だ。

この記事は有料記事です。

残り1471文字(全文1824文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 最速154キロでも公式戦出られず 異例の「準硬式」投手にスカウト注目

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです