メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

平松 洋子・評『剱岳--線の記 平安時代の初登頂ミステリーに挑む』髙橋大輔・著

◆『剱岳-線の記 平安時代の初登頂ミステリーに挑む』髙橋大輔・著(朝日新聞出版/税別1700円)

 探検家、髙橋大輔が四年を費やし、日本の山に秘められた歴史的ミステリーに挑んだ。

 かつて実在したロビンソン・クルーソーの住居跡を発見、画期的な探検実績をもつ著者は、あらたな挑戦の場として、日本でもっとも登頂が困難とされる北アルプスの剱岳(つるぎだけ)(標高2999メートル)を選ぶ。一歩ずつ、難場を越えて謎解きに迫る展開が、緊迫感のある読み応えをもたらす。

 本書の題名『剱岳-線の記』は、もちろん新田次郎の小説『劒岳・点の記』に呼応している。明治40年、測量のために剱岳登頂に成功した日本陸軍参謀本部陸地測量部・柴崎芳太郎は、山頂でおよそ千年前の仏具を発見する。つまり、遙(はる)か昔、何者かが剱岳登頂を果たしていたという事実。新田次郎は小説を執筆するさい、この事実に関する推論を語ると、勉強不足だと諫(いさ)められたり、感情的に否定されたりもする。不可解…

この記事は有料記事です。

残り1133文字(全文1559文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  5. 政府三役人事 目立つ「大阪登用」 維新対策で「はく付け」の狙いか 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです