メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 今年の9月17日は旧暦の8月1日である。8月の朔(さく)(月の1日目)の日なので八朔と言い、現在でも祭りをしているところがある。私の周りでは八朔の行事がなかったので、江戸文化に触れるようになって初めてこの「八朔」という言葉を知った。それも吉原遊郭の行事としてである。

 吉原は年中行事がぎっしり詰まっていた。喜多川歌麿の「青楼絵本年中行事」という本には、正月から年末まで18の行事が描かれている。その中に八朔の図があり、幼いかむろは白い着物を着てその上から帯を締め、おいらんは着物の上に白い打ち掛けを羽織っている。なぜ白かというと、武家では八朔の日に大名や旗本が白い帷子(かたびら)を着て登城し、将軍に祝辞を述べる…

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文769文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. ORICON NEWS 多部未華子、岩田剛典からサプライズ花束「うれしい!」

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  5. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです