メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンへの発言

キーワード 欅坂46とは何だったか?=中森明夫

映画の一場面から、ライブ前に円陣を組む欅坂46 Ⓒ2020「僕たちの嘘と真実 DOCUMENTARY of 欅坂46」製作委員会

 香港の民主活動家、周庭さんが逮捕され、保釈後に「『不協和音』の歌詞がずっと頭の中で浮かんでいました」と語った。アイドルグループ、欅坂(けやきざか)46の代表曲である。「ああ、まさか自由はいけないことか」と歌われ、「僕は嫌だ!」と叫ぶ、痛烈なメッセージソングだ。3年前、NHK紅白歌合戦のステージで披露された(総合司会の内村光良もコスプレ参加した)。ダンスパフォーマンスの激しさにメンバーの何人かが倒れる騒ぎとなったものである。

 欅坂46とは何だったか? 考えてみたい。というのも、来月で同グループ名での活動が終了するからだ。2015年8月に結成、丸5年の活動歴である。そこに至る流れを確認してみよう。

この記事は有料記事です。

残り1414文字(全文1715文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄南大阪線で電車の窓ガラス破損相次ぐ 原因不明

  2. GmailなどGoogle複数のサービスで一時障害か

  3. 阪神の浜地投手が新型コロナ陽性 19日の中日戦に1軍登板

  4. ファクトチェック 愛知県知事リコール運動 「署名受任者の住所氏名が公報で公開される」はミスリード

  5. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです