メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンへの発言

キーワード 欅坂46とは何だったか?=中森明夫

映画の一場面から、ライブ前に円陣を組む欅坂46 Ⓒ2020「僕たちの嘘と真実 DOCUMENTARY of 欅坂46」製作委員会

 香港の民主活動家、周庭さんが逮捕され、保釈後に「『不協和音』の歌詞がずっと頭の中で浮かんでいました」と語った。アイドルグループ、欅坂(けやきざか)46の代表曲である。「ああ、まさか自由はいけないことか」と歌われ、「僕は嫌だ!」と叫ぶ、痛烈なメッセージソングだ。3年前、NHK紅白歌合戦のステージで披露された(総合司会の内村光良もコスプレ参加した)。ダンスパフォーマンスの激しさにメンバーの何人かが倒れる騒ぎとなったものである。

 欅坂46とは何だったか? 考えてみたい。というのも、来月で同グループ名での活動が終了するからだ。2015年8月に結成、丸5年の活動歴である。そこに至る流れを確認してみよう。

この記事は有料記事です。

残り1414文字(全文1715文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

  2. パシフィコなどでの大規模イベント誘致へ コロナ対策徹底、助成に応募多数 横浜

  3. 「全世代でGoTo事業停止を」専門家から噴き出す批判 東京都の高齢者自粛で

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです