メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦後75年

日本で埋葬してあげたい ペリリュー島で父戦死、六戸の田中恭子さん(79) /青森

密林の土中に埋もれたままになっている旧日本軍の戦車=ペリリュー島で2019年12月、井川加菜美撮影

 太平洋戦争末期に激戦地となったパラオ・ペリリュー島。六戸町の田中恭子さん(79)は戦車隊だった父を戦闘で亡くし、16日で77回目の命日を迎える。遺骨は今も見つかっていない。多くの兵士の遺骨が残されたままになっているこの島で、国はこのほど密林に埋もれた旧日本軍の戦車の発掘調査に乗り出すことを決めた。戦車内に遺骨が残っている可能性があるといい、田中さんは「遺骨が見つかれば日本で埋葬してあげたい」と調査の行方を見守っている。【井川加菜美】

 田中さんの父将一さんが第14師団戦車隊指揮小隊長としてペリリュー島に渡ったのは戦闘が始まる4カ月前の1944年5月。家族には詳しい行き先を告げず、「何かあれば国が準備した『鉄のひつぎ』の中に入ることになるんだから、何も心配することはない」と話していたという。

この記事は有料記事です。

残り1116文字(全文1465文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 白石麻衣、「唯一の同い年」松村沙友理の手紙に涙[手紙全文]

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 所信表明さながら? 枝野氏「共生社会」提唱で対立軸設定急ぐ

  4. 元慰安婦の韓国女性が来日 「『強制でない』は耐えられない」

  5. ORICON NEWS 白石麻衣、純白ドレスで10分間の卒業スピーチ「乃木坂46でいられたことを誇りに」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです