メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ときドキ!さいたま~ず

岸田祥子さん 埼玉のママたちを応援 /埼玉

岸田祥子さん

 新型コロナウイルスの感染が広がっていた最中の4月、2度目となるさいたま局での仕事がスタートしました。ほどなく、緊急事態宣言で外出自粛が呼びかけられるようになり、私も0歳の娘(現在は1歳)を見ながら、自宅で電話取材に悪戦苦闘する日々が続きました。

 そんなとき、「日刊!さいたま~ず」の「コロナ関連情報」で武田涼花キャスターが取り上げた、埼玉最大規模の子育てサイト「埼玉ママ情報」の話が記憶に残りました。育児デビューと職場復帰が重なった私は「ぜひ自分が深掘りして、できればテレビで取り上げたい」と考えました。以前は「まちおこし」が一番関心のあるテーマだったのですが、すっかり「子育て」に変わってしまいました(笑い)。

 埼玉ママ情報は、子育てに関するコラムやイベント情報などを網羅し、約1万人が利用しています。編集長の市倉育江さんをはじめ、運営している全員が育児中の女性です。約600人が講師として産後体操や料理、英語、工作、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)など役に立つさまざまな講座をオンラインで配信しています。多くは無料ですが、利用するママたちは講座を通じて、同じ興味や悩みを持つママたちとつながり…

この記事は有料記事です。

残り803文字(全文1310文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS つんく♂×ソニン、17年ぶり再タッグ 「カレーライスの女」続編

  2. GmailなどGoogle複数のサービスで一時障害か

  3. ファクトチェック 愛知県知事リコール運動 「署名受任者の住所氏名が公報で公開される」はミスリード

  4. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  5. 時代遅れの印紙税 実は銀行預金通帳のデジタル化を後押し?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです