メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トライアスロン 87歳鉄人、挑戦続く 八千代の稲田さん 来年、最年長記録更新へ意欲 /千葉

2018年10月、トライアスロンの「アイアンマン世界選手権」に出場した稲田弘さん=米ハワイで(本人提供)

 人生100年時代を象徴するような87歳のスーパーアスリートがいる。八千代市の稲田弘さんは2018年10月、85歳と328日で米国ハワイでのトライアスロン「アイアンマン世界選手権」を完走し、最高齢完走者としてギネス世界記録に認定された。「大変名誉なこと。非常にうれしい」と喜ぶ稲田さんは、来年の世界選手権での完走を目指しトレーニングを重ねている。

 トライアスロンは水泳、自転車、ランニングを組み合わせた過酷な競技。距離によって分けられ、中でも最長の「アイアンマン」は水泳2・4マイル(約3・9キロ)、自転車112マイル(約180キロ)、ランはフルマラソンの42・195キロ。計約226キロのまさに鉄人レースだ。

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文940文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岩手「感染者ゼロ」の教訓(上)対策阻むプレッシャー 感染者に共感を

  2. ORICON NEWS つんく♂×ソニン、17年ぶり再タッグ 「カレーライスの女」続編

  3. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  4. ファクトチェック 愛知県知事リコール運動 「署名受任者の住所氏名が公報で公開される」はミスリード

  5. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです