メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スカイツリー 10月から制服一新 日本の伝統、魅力的に 学生のデザイン起用 /東京

東京スカイツリーの新制服。左から3人目がインフォメーションスタッフの制服=都内で

 東京スカイツリー(墨田区)で働くスタッフの制服が10月に一新される。2012年の開業以降、初めてのリニューアルで、ファッションを学ぶ学生が日本の伝統的な色や柄を採り入れたり、着物に着想を得たりしてデザインした。

 プロのデザイナーではなく、学生に委ねた理由について、運営する東武タワースカイツリーの岩瀬豊社長は「たくさんの可能性を秘めた若い方にお願いしようと検討し、実現した」と語る。

 文化服装学院(渋谷区)の協力を得て、昨年、同学院の学生を対象にコンペを開いた。条件は「日本・東京のランドマークとしてふさわしいもの」「日本の伝統と先進性」など五つ。12組18人の応募者の中から、当時4年で現在は繊維専門商社に勤務する東山恵さん(22)の作品が選ばれた。

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文642文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 西武、異例の8人リレーで最少失点 二回にリリーフの中塚「正直びっくり」

  4. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  5. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです