メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

だいあろ~ぐ

東京彩人記 日本語の論理的思考促す 社福法人学習支援室コーディネーター 矢崎理恵さん(61) /東京

 祖国を追われて日本にたどり着いた難民やその子供らに日本語を教える。彼らに平穏な暮らしをもたらすためだが、その難しさは並大抵ではない。困難を抱える人々と関わるのはどうしてか、そこから見えてくるものは? 主に都内で活動する社会福祉法人「さぽうと21」(事務局・品川区)の学習支援室コーディネーター、矢崎理恵さん(61)に尋ねた。【長屋美乃里】

この記事は有料記事です。

残り1325文字(全文1495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 所信表明さながら? 枝野氏「共生社会」提唱で対立軸設定急ぐ

  3. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  4. 官邸、14年改選時にも学術会議に説明要求 「介入の伏線だったかも」

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです