「農カード」集めよう! 農家が顔写真付きで自己紹介 作物に同封、プレゼント抽選も /岐阜

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
自身の「農カード」を見せる西垣誠さん(左)と小川浩康さん=岐阜市で
自身の「農カード」を見せる西垣誠さん(左)と小川浩康さん=岐阜市で

 農業関係者が、名前や事業内容を顔写真付きで自己紹介する名刺大の「農カード」を作る取り組みが広がっている。消費者へ直送する作物に同封するなどし、収集してもらうのが狙い。発案者は、農家のイメージ刷新を期待している。【熊谷佐和子】

 発端は8月中旬、愛知県田原市のミニトマト農家、小川浩康さん(30)が「漁師カード」という青森県の取り組みをツイッターで紹介したこと。「農業版があったら面白い」と呼びかけた。本巣市の「西垣農園」で富有柿を生産する西垣誠さん(38)と北海道のミニトマト農家の川合秀一さん(34)が反応した。各地の農家が「農カード」を作る企画を3人で考案し、ツイッターで参加者を募った。

 西垣さんがデザインを担当。表に顔写真と名前、事業内容、裏面にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)アカウントやホームページにつながるQRコードが印刷される型を作った。参加者が送ってきた写真と情報を基にカードの原稿を作る。各人が業者に印刷を発注する仕組みを構築した。

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文769文字)

あわせて読みたい

注目の特集