メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海BIZ

津市 蜂蜜まん本舗 地元に親しまれる味 /愛知

「蜂蜜まん」を手にする水谷栄希社長=津市大門の蜂蜜まん本舗で2020年9月4日、朝比奈由佳撮影

 外はパリッとした生地、中はあつあつのこしあん。ほんのり蜂蜜の甘さが口の中に広がる「蜂蜜まん本舗」(津市大門)の看板商品「蜂蜜まん」は、津市民のソウルフードとして愛される存在だ。

 1953年の創業当時の価格は1個5円。時代とともに値段は上がり、今は1個60円だが、手に取りやすい価格設定は変わらない。社長の水谷栄希さん(47)は「お年寄りから小さい子供まで、学校帰りや散歩がてらに気軽に寄って買える値段にしている」と話す。

 水谷さんの祖父で、創業者の故・水谷勉さんは、三重県松阪市の「水谷養蜂園」を経営する一家に生まれた。「蜂蜜を何か他の食べ物に生かせないか」と考えた勉さんは、同県伊勢市などで人気の焼き菓子「ぱんじゅう」を参考に、カステラのような柔らかい生地にあんを包んだ「蜂蜜まん」を開発した。

この記事は有料記事です。

残り583文字(全文932文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ジャングルポケット・斉藤慎二、新型コロナ感染 相方おたけ&太田博久は陰性

  2. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです