メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地元・豊橋からエール 五輪・マラソン 鈴木亜由子選手の雄姿 アマ写真家の41作品展示 市美術博物館 /愛知

鈴木亜由子選手の競技写真を撮り続けてきた津坂雅博さん=愛知県豊橋市今橋町3の市美術博物館で2020年9月15日、川瀬慎一朗撮影

 名古屋大陸上競技部出身で、来年夏に予定される東京オリンピック女子マラソン代表の鈴木亜由子選手(28)=日本郵政グループ=を応援する写真展が15日、鈴木選手の地元、豊橋市の市美術博物館で始まった。前回の東京五輪聖火リレー参加経験もある元市職員のアマチュア写真家、津坂雅博さん(70)=同市=が「五輪に向け一生懸命練習する鈴木選手に、地元からエールを送りたい」と、これまで撮った写真41点とユニホームを展示している。20日まで。

 カメラ歴約50年の津坂さんが鈴木選手を撮り始めたきっかけは2006年12月の県市町村対抗駅伝。同僚の応援に行った際、鈴木選手も出場しており、その走りに魅了された。「あっという間に走り抜け、ただ者ではないと感じた」

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文751文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック中止を申し入れ 共産都議団「コロナ対策に集中を」

  2. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです