メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訪ねてみました

向源寺=滋賀県長浜市 魅惑の立ち姿、十一面観音

向源寺の国宝・十一面観音立像。美しい体つきなどから、平安時代の最高傑作と評する声も多い=滋賀県長浜市高月町で、桜井由紀治撮影

 <おでかけ>

 仏教美術に詳しい「近江の仏像ディレクター」山口均さん(72)=滋賀県草津市=の案内で、仏像の宝庫・近江の寺院を巡る旅。今回は、湖北地方の長浜市高月町にある向源寺を訪ね、優美なプロポーションで拝観者を魅了する国宝・十一面観音立像と出合った。【桜井由紀治】

 琵琶湖北東に位置する長浜市には観音信仰文化がある。市内には100体を超える観音像が点在している。地域のお堂などで守り継がれてきたものも多く、「観音の里」として知られる。

 とりわけ、向源寺の十一面観音には、地域住民のあつい信仰心と歴史ロマンを感じさせる伝承がある。戦国時代、浅井長政軍と織田信長軍の戦いで寺は焼失したが、住職と門徒衆によって十一面観音は土中に埋められ、戦火を免れたという。寺の飛び地境内には観音像を埋めたとされる場所に石碑も建っている。

この記事は有料記事です。

残り1097文字(全文1457文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 西武、異例の8人リレーで最少失点 二回にリリーフの中塚「正直びっくり」

  4. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  5. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです