メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そり生かした大作並ぶ 彫刻家・澄川さん寄贈 石見美術館で記念展 /島根

澄川喜一さんの洗練された彫刻作品が並ぶ=島根県益田市有明町で、竹内之浩撮影

 吉賀町出身で文化功労者の彫刻家、澄川喜一さん(89)=東京都=が県に今春寄贈した作品を紹介する記念展が、益田市有明町の県芸術文化センター・グラントワ内の県立石見美術館で開かれている。11月30日まで。

 東京スカイツリーのデザイン監修でも知られる澄川さんは、グラントワのセンター長を務めており、古里の文化振興に役立…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文393文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

  5. 新型コロナに無為無策の菅政権 全額国費で「面の検査」「社会的検査」を

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです