メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新しょうがもち」今年も 筥崎宮「放生会」に思い 福岡市の老舗和菓子店が販売 /福岡

特別な包み紙で販売される「新しょうがもち」

 新型コロナウイルス感染拡大のため、神事を除き戦後初の中止となった博多三大祭りの一つ、筥崎宮(はこざきぐう)(福岡市東区)の「放生会(ほうじょうや)」。老舗和菓子店「石村萬盛堂」(本店・同市博多区)は、祭りの時期に毎年販売していた「新しょうがもち」を変わらず今年も販売している。30日まで。

 菓子を通して博多の祭りの歴史や文化を伝えたい、にぎわいを菓子で添えたいとの思いから今年も販売することにした。同社は7月、延期とな…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文526文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「エビ中」安本彩花さん、悪性リンパ腫治療で当面の間休養

  2. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  5. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです