メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絵本においで!

リフレッシュ ただいマンモス/パンダなりきりたいそう /福岡

「ただいマンモス」

 新型コロナウイルスの感染予防で、近距離で大声を出し合ったり、運動したりしづらい状況ですが、対策を取りながら適度に体を動かして遊ぶことは免疫力を高めるためにも大切です。

 「ただいマンモス」は、だじゃれの言葉遊びを楽しむ一冊。タイトルから簡単に想像できたでしょうか。家に帰ってきたマンモスを、お出迎えするのは「おかえリンゴ」。食事の前のあいさつは「いただきマスク」。今やマスクは暮らしにすっかり定着しましたが、さすがに食べる時には外さないといけません。

 イラストがとてもシンプルなので、その分、言葉が際だって生き生きと感じ取れます。ぜひ声に出して読んでみてください。「ただいマントヒヒ」なんて、言い換えたやりとりも楽しめます。そのナンセンスさに、つい笑顔になることでしょう。

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文765文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. ORICON NEWS 欅坂46“ラストライブ”は無観客配信で 2日間別メニュー“静”と“動”の両面を存分に

  3. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  4. 安倍政権が残したもの 自制失った政治家、露骨に表現に介入 「菅政権では改善しない」津田大介さん

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです