メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

住民側請求却下、地裁判決で控訴 小城市退職金返還 /佐賀

 小城市の「清水の滝と紅葉ライトアップ(清水竹灯(あか)り)」事業で不適切な会計処理をした元市商工観光課長は懲戒免職が相当だとして、同市の市民団体「小城市をよくする市民の会」が県市町総合事務組合に対し元課長の退職金の返還を求めた訴訟で、佐賀地裁(達野ゆき裁判長)は8月28日、住民側の請求を却下した。

 判決によると、イベントの担当だった元課…

この記事は有料記事です。

残り98文字(全文268文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「西大寺会陽」無観客で開催へ 日本三大奇祭の一つ 「宝木」争奪戦も中止 岡山

  2. 安倍前首相、自身への事情聴取要請「聞いていない」 「桜」前夜祭

  3. 新型コロナ GoToトラベル延長 来年6月まで 政府方針

  4. 新型コロナ GoToトラベル 東京発着解約、13日まで無料

  5. 安倍前首相本人に任意聴取を要請 「桜を見る会」前夜祭 東京地検特捜部

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです