「大分車いすマラソン2020」 新型コロナ感染の有無判定 選手全員に事前検査 /大分

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大会要項などについて審議する委員
大会要項などについて審議する委員

参加者を国内限定 費用は県予算や民間の協賛金

 新型コロナウイルスの影響で地域のスポーツ大会の中止が相次ぐなか、「大分車いすマラソン2020」(県など主催)の実行委員会は、11月15日に大分市で大会を開くことを決めた。

 参加者を国内選手に限定し、選手全員にPCRなどの検査を実施することで感染拡大を防ぐ方針だ。県内のスポーツ大会で、選手全員の検査を実施するのは初めての試みで、アマチュアスポーツでは全国的にも珍しいとみられる。

 県内では1981年から車椅子のみの国際大会が始まり、同大会は世界でも最大規模として知られる。実行委は何とか開催できないか検討を重ね、参加選手を国内限定とし、全員に大会前日にPCR検査などを実施することを条件に開催を決めた。

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文667文字)

あわせて読みたい

注目の特集