メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゆうちょ銀、10社入金停止 ペイペイからも不正出金

 ゆうちょ銀行は15日、提携するキャッシュレス決済事業者12社のうち、ペイペイや楽天エディなど新たに8社の決済事業者との口座のひも付けや入金サービスを一時停止すると発表した。既に連携を停止しているNTTドコモとキャッシュレス決済サービス「Kyash(キャッシュ)」を含め、サービスを一時停止する提携先は計10社となる。「ドコモ口座」に続き、他社でも不正な引き出しが確認されたため。ショートメッセージサービス(SMS)による複数の認証を行っていなかったことが原因のひとつで、被害防止策の構築を急ぐ。

 ドコモ口座を巡っては、15日午前0時時点でゆうちょ銀を含む11行の銀行口座から、計143件、総額2676万円の不正な引き出しが確認されている。金融庁は同日、銀行や決済事業者などに対し、本人確認に不備がある場合は入金サービスなどを一時停止するよう要請した。高市早苗総務相は15日の閣議後記者会見で、ドコモを除く5社で新たに不正な引き出しが確認されたことを明かした。

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文653文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  3. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです