連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

コロナ「第2波」 致命率なぜ低い? 無症状者含め検査拡大 治療方法、ある程度確立=回答・金秀蓮

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
マスクをつけて登校する児童ら=横浜市鶴見区で、中村紬葵撮影
マスクをつけて登校する児童ら=横浜市鶴見区で、中村紬葵撮影

 なるほドリ 新型コロナウイルス感染症(かんせんしょう)の死者は3、4月の「第1波」に比べて、6月以降の「第2波」の方が少なかったんだね。死亡した人の割合(致命率(ちめいりつ))はどうだったのかな?

 記者 国立感染症研究所の鈴木基(もとい)感染症疫学センター長の推定(すいてい)(8月30日時点)によると、第1波(1月16日~5月31日)が5・8%、第2波(6月1日~8月19日)が0・9%でした。70歳以上では第1波が24・5%だったのに対し、第2波は8・7%で、全ての年齢層(ねんれいそう)で第2波の致命率は第1波に比べて下がっていました。

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文796文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集