メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU、中国に警戒感 香港・南シナ海問題、懸念を伝達 首脳会談

 欧州連合(EU)と中国は14日、オンライン形式で首脳会談を開いた。米中対立が激化する中、米国に同調しないよう欧州への働きかけを強める中国に対し、EU側は中国の人権問題や不公正な競争条件への懸念を指摘するなど、中国にとって厳しい内容の会談となった。

 EUにとって中国は米国に次ぐ貿易相手で、これまで比較的良好な関係を保ってきた。ただ、新型コロナウイルス危機への対応や香港への統制を強める香港国家安全維持法(国安法)の施行により、中国への警戒感が高まっている。

 EU議長国ドイツのメルケル首相は会談後の記者会見で、「中国との協力は、互恵と公正な競争に基づくべきだ」と強調。中国がトランプ米政権の「米国第一主義」を批判する文脈で「多国間主義」への同調を求めることについても、メルケル氏は「我々は多国間主義を支持するが、それはルールに基づく必要がある」と主張した。

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文860文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  2. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  3. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  4. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  5. オリックス・竹安が新型コロナ陽性 1軍の活動には影響なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです