メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

ガムランをお届け ジャカルタ支局・武内彩

 ガムランの澄んだ音色と独特の旋律は、日々の緊張をほぐしてくれる。ガムランとはインドネシアの伝統音楽。青銅製の打楽器を中心にした合奏で、「ドレミ」とは異なる音階から成る。鉄琴のような形、ひっくり返した大きな鍋のような形とその姿はさまざまだが、持ち運びには向かない。そのためインドネシアでも演奏を聴ける場所は限られていたが、新型コロナウイルスの感染拡大以降、動画サイトで気軽に楽しめる機会も増えた。週末の夜にはガムランを伴奏にした「影絵芝居」の番組も配信され…

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文571文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岩手「感染者ゼロ」の教訓(上)対策阻むプレッシャー 感染者に共感を

  2. ORICON NEWS つんく♂×ソニン、17年ぶり再タッグ 「カレーライスの女」続編

  3. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  4. ファクトチェック 愛知県知事リコール運動 「署名受任者の住所氏名が公報で公開される」はミスリード

  5. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです