メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

富山発 コロナ後のまちづくり=ローカルファースト研究所代表取締役・関幸子

 コロナ禍が長引く中で、いくつかの自治体では、まちづくりの新たな戦略を打ち出している。富山市もその一つだ。

 富山市は、森雅志市長のリーダーシップの下、中心地に住宅や業務機能を集約しコンパクトシティーとして、都市形成では全国一の成功を収めてきた。

 ここに来て、市内に低消費電力・広範囲の無線通信ネットワークを整備し、農地の気温、河川の水位、交通量、駅前や商店街の人の流れ、道路工事状況などをセンサーで観測してビッグデータ化する事業に取り組んでいる。スマートシティーの実現に向け、災害情報や道路混雑情報などをいち早くキャッチし、地域全体のデータプラットフ…

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文689文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  2. 大阪都構想反対の市民団体が発足 自民や立憲との連携も模索

  3. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示要求で出した文書に

  4. 「幻の橋」美しいアーチ見納め? 損傷進むタウシュベツ川橋梁 旧国鉄士幌線

  5. 滋賀のアイドル「フルーレット」が30日解散 コロナで延期の卒業ライブ中止 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです