特集

はやぶさ2

探査機「はやぶさ2」がリュウグウで試料を採取して持ち帰る6年の旅を完遂。分析や次のミッションを解説。

特集一覧

はやぶさ2、今度の旅路は100億キロ 小惑星「1998KY26」探査へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は15日、探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウの試料入りカプセルを12月に地球に届けた後、さらに別の小型小惑星「1998KY26」に探査へ向かうことを決めたと発表した。到着は2031年7月の予定で、目的の小惑星まで新たに100億キロの旅路に出る。

 「1998KY26」は直径約30メートルで、直径約900メートルのリュウグウよりもかなり小さく、地球と火星の間を公転している。JAXAは新たな任務で小型小惑星の地球衝突による被…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文575文字)

【はやぶさ2】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集