メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

斉藤大地さん=コロナ禍の銀座を物々交換で支援

 新型コロナウイルスの感染拡大で訪れる人が減少した東京・銀座。街の団結を深めて危機を乗り越えようと、商店などが物々交換でエールを送り合う「銀座もの繋(つな)ぎプロジェクト」を4月から始めた。物々交換の輪は大きく広がり、8月には節目の100社目を迎えた。

 東銀座の老舗和菓子店「木挽(こびき)町よしや」の3代目。生まれも育ちも銀座だ。普段は買い物客でにぎわう銀座もコロナ禍で人通りが激減。4月には自宅近くの創業152年の弁当屋「木挽町弁松」が閉店した。「このままでは銀座から店がなくなる」。来店客の悲痛な声を耳にした。

 下町情緒を残す東銀座では、店同士で商品を交換し合うことがあった。そこで、銀座の店舗などで商品を交換しツイッターで紹介することを発案。1回目は自社の名物どら焼きと、1890年創業の和菓子屋「銀座菊廼舎(きくのや)」の「冨貴寄(ふきよせ)」を交換した。「50回ほど続けばいいな」。当初はそう考えていたが、賛同する企業が増加。松竹・歌舞伎座や日産自動車などさまざまな企業が参加するまでになった。

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文732文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS つんく♂×ソニン、17年ぶり再タッグ 「カレーライスの女」続編

  2. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  3. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  4. ファクトチェック 愛知県知事リコール運動 「署名すると名前や住所が公開される」はミスリード

  5. くらしナビ・ライフスタイル 正しい性知識、アプリで提供

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです