メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わいせつ教員、再登用歯止め 処分歴閲覧、3年→40年に延長

 文部科学省は15日、都道府県や政令市の教育委員会が全国の教員の懲戒免職処分歴を閲覧できるシステムを見直し、閲覧期間を現行の3年から40年に延ばすと発表した。わいせつ行為などで懲戒免職となった教員がそれを隠して採用されることを防ぐのが狙い。11月に閲覧情報を過去5年分に拡大し、来年2月から本格運用する。

 教員免許を失効した教員名や失効理由は官報に掲載される。文科省は2018年度から過去3年分の情報を検索できるシステムを都道府県教委などに提供してきたが、これでは各教委が古い処分歴に気づかない可能性がある。わいせつ行為による処分歴を隠して採用され再犯するケースも出ており、さかのぼれる期間を大幅に延長することにした。

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文613文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 熱血!与良政談 「菅降ろし」の始まり方=与良正男

  3. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  4. 参院長野補選 立憲が弟の羽田次郎氏擁立へ 野党統一候補の見込み

  5. コロナ禍で東京オリンピックは開催できるのか 首相の経済回復願望と「五輪ムードない」医療の危機

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです