メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

眼底出血、手術必要か=答える人・辻川明孝教授(京都大大学院医学研究科・眼科学)

 Q 眼底出血、手術必要か

 眼底出血になりました。動脈硬化が原因と聞きましたが、他の所でも起こさないか心配です。(群馬県、女性、66歳)

 A 視力低下など異変あれば受診を

 眼底出血は、眼球の中でスクリーンにあたる網膜に出血が起こった状態をいいます。相談者は「網膜静脈分枝閉塞(へいそく)症」の可能性が高いと思います。高齢者に多く、高血圧や動脈硬化が背景にあります。網膜にある太い静脈が詰まってしまうと血液の流れが悪くなり、毛細血管が破綻して眼底出血を引きおこします。

 出血自体は時間がたてば自然に引くので大きな問題ではありません。血管が詰まることによって広い範囲の網膜に血液が流れなくなると、網膜に新生血管が発生することがあります。新生血管は視力低下を引き起こす硝子体出血の原因になるため、レーザー治療で予防します。

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 西武、異例の8人リレーで最少失点 二回にリリーフの中塚「正直びっくり」

  3. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  4. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  5. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです