メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス なおみ「新内閣」いい感じ 全米で「政権奪還」 体幹強化、試合で体感

大坂(右から3人目)の優勝を祝い、コートで記念撮影するフィセッテ・コーチ(同2人目)と茂木さん(同4人目)、中村さん(同5人目)ら=ゲッティ共同

 テニスの4大大会、全米オープンの女子シングルスで2大会ぶり2回目の女王に返り咲いた大坂なおみ(22)=日清食品=は今季から、コーチらスタッフを大幅に変更した。ベルギー出身のウィム・フィセッテ・コーチ(40)を中心とした「新・チームなおみ」は、どのように大坂の成長をサポートしたのか。個性を生かしつつ課題を解消した強化の背景に迫った。

 昨年12月に就任したフィセッテ・コーチは以前、分析力を駆使する「データの魔術師」と評された。しかし、大坂については「直感的にプレーするタイプ」と判断。大坂へのデータの提供は、全米決勝で対戦したアザレンカ(ベラルーシ)のコーチ時代の3~4割程度にとどめた。

この記事は有料記事です。

残り845文字(全文1140文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  2. ORICON NEWS 竹内結子、第2子出産後初の公の場 息子の成長に感慨

  3. 関脇・正代が初優勝 「大関昇進」確実に 大相撲秋場所

  4. この国に、女優・木内みどりがいた <6>急逝2カ月半前 パキスタンのスラムで何を見たのか

  5. ORICON NEWS 女優・階戸瑠李さん、急死 31歳 16日放送『半沢直樹』に出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです