メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲秋場所 休場69人、寂しい秋 初日「67」10年で最多

白鵬、鶴竜の横綱陣や、新型コロナウイルスに感染した富士東らの休場を示す両国国技館の掲示板=大西岳彦撮影

 場所直前に玉ノ井部屋での新型コロナウイルス集団感染が明らかになり、不安が渦巻く中で始まった大相撲秋場所。力士24人のクラスター(感染者集団)が発生した玉ノ井部屋に所属する28人全員が休場したことで、初日からの休場力士は近年最多の67人に及んだ。15日には関取最年長、36歳の前頭・琴奨菊も休場となり、3日目までの休場者は計69人。両横綱もおらず、館内にはどこかさみしい空気が漂っている。

 日本相撲協会によると、幕下以下も含めた初日からの休場者数は正式な記録が残っていないものの、初日の休場者67人はここ10年では最多だ。2016年秋場所の50人を大きく上回り、今年に限っても初場所30人▽春場所26人▽7月場所41人と、今場所は玉ノ井部屋の大量休場が大きく響く形となった。

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文859文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 新閣僚「人となり報道」は本当に必要か? 香港からの問いかけ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 東京で新たに220人の感染確認 200人超えは6日ぶり 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです