メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪、簡素化60項目 組織委、関係者向け飲食など

 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は15日、東京都内で理事会を開き、来夏に延期された大会のコスト削減のため、簡素化の対象が4分野、約60項目に及ぶことを明らかにした。今月24、25日の国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会でIOCとの合意を目指す方針。

 簡素化の検討の対象となるのは(1)大会関係者の人数削減とサービス合理化(2)会場や輸送などのインフラ(3)開閉会式の運営や聖火リ…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

  2. 歌手の小金沢昇司容疑者を酒気帯び運転の疑いで逮捕 容疑認める 警視庁高井戸署

  3. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  4. 東陽町駅で視覚障害者の男性が転落し死亡 ホームドアは稼働開始前 東京メトロ

  5. JR東日本vsホンダ熊本 第8日第2試合スタメン 午後2時から 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです