メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「最古」に込めた最新技術 脚の開き抑え免震装置設置 名古屋テレビ塔、18日再出発

名古屋テレビ塔の免震化工事で技術担当を務めた竹中工務店の下野耕一さん。不要になった部材の一部を手に、改修に携わった喜びを語った=名古屋市中区で2020年9月14日、兵藤公治撮影

 名古屋テレビ塔(高さ180メートル、名古屋市中区)が18日、大規模改修を終えて1年8カ月ぶりに新装オープンする。世界でも珍しい塔内ホテルを設け、名古屋のシンボルとして再び観光の中心を担う。工事には延べ2万7000人が従事。南海トラフ地震を想定して震度6強の激しい揺れに耐えるよう、世界初の免震工法を実現した技術者は胸を張ってその日を迎える。

 「緊張と重圧から解放され、ほっとした」。免震化工事を担当した竹中工務店名古屋支店技術部の下野(しもの)耕一さん(50)は笑顔を見せた。

この記事は有料記事です。

残り685文字(全文924文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  2. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  5. 菅新政権に“本筋の改革”を期待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです