メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相「課題に挑戦できたのは私の誇り」 最長内閣総辞職前に感慨

取材に応じるため、マスクをはずす安倍晋三首相=首相官邸で2020年9月16日午前8時56分、吉田航太撮影

[PR]

 安倍晋三首相は16日午前、第2次安倍内閣発足以降の7年8カ月について、「政権奪還以来、経済再生、国益を守るための外交に一日一日全力を尽くしてきた。この間、さまざまな課題に国民とともにチャレンジできたことは私の誇りだ。全ては国民のおかげで心から感謝申し上げたい」と述べた。内閣総辞職を前に、首相官邸で記者団に語った。

 安倍氏は16日午後の臨時国会で第99代首相に選出される自民党の菅義偉総裁について「菅内閣にも力強い支援、理解をたまわるようお願いしたい」と述べ、自身の体調については「薬の効果もあり、順調に回復している。一議員として菅政権を支えていきたい」と語った。

 2006~07年の第1次内閣を含む首相の通算在任日数は3188日、12年12月の第2次内閣発足以降の連続在任日数は2822日でいずれも歴代最長。【花澤葵】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 西武、異例の8人リレーで最少失点 二回にリリーフの中塚「正直びっくり」

  3. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  4. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  5. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです