「国民に感謝」「菅政権支える」 安倍内閣総辞職 2度目の任期途中辞任

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
取材に応じる安倍晋三首相=首相官邸で2020年9月16日午前8時58分、吉田航太撮影
取材に応じる安倍晋三首相=首相官邸で2020年9月16日午前8時58分、吉田航太撮影

 安倍晋三首相は16日午前の臨時閣議で全閣僚の辞表を取りまとめ、安倍内閣は総辞職した。2006~07年の第1次内閣を含む首相の通算在任日数は16日で3188日、12年12月の第2次内閣発足以降の連続在任日数は2822日で、いずれも歴代最長となったが、第1次内閣に続き、任期途中での辞任となった。

 16日午前9時前に首相官邸に入った安倍首相は、記者団に「(12年の)政権奪還以来、経済再生、国益を守るための外交に一日一日全力を尽くしてきた。この間、さまざまな課題に国民とともにチャレンジできたことは、私の誇りだ」と語り、「全ては国民のおかげだ…

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文675文字)

あわせて読みたい

ニュース特集