メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関係者が気をもむ小池都知事との関係 東京五輪を安倍氏から引き継ぐ菅新首相

ジャパン・スポーツ・オリンピック・スクエア=東京都新宿区で、曽根田和久撮影

 第202臨時国会が16日召集され、自民党の菅義偉総裁(71)が、衆参本会議の首相指名選挙で第99代首相に選出された。

 新型コロナウイルスの影響で来夏に延期された東京オリンピック・パラリンピックの開催は、安倍政権の継承を掲げる菅義偉首相にとっても重要な政治課題となる。開催国として感染症対策を抜本的に強化し、「安全・安心な大会」の具体的な姿を国際社会に提示できるかが問われる。

 「今思えば、あの場にいた意味は大きい。これまで通り進めてくれるだろう」。1年の大会延期を申し合わせた安倍晋三首相(当時)と国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長の3月の電話協議の場に官房長官だった菅氏が同席していた重みを、大会組織委員会の幹部は強調する。再任された橋本聖子五輪担当相も含め、中止で…

この記事は有料記事です。

残り737文字(全文1082文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見過ごせない菅首相の乱暴な言説 普天間移設の歴史に二つの「反故」

  2. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  3. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  4. 洋館はレーモンド設計? モンテローザ経営の会社「情報求む」 横浜・山手

  5. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです